POWERPLAY

2019年4月

morning powerplay

Workman/iseki

葉風舎

元キマグレンISEKIが、昨年アーティスト活動10周年を記念してオリジナルアルバムを発表。なんと、クラウドファンディングを利用して制作されました!
そのリード楽曲が、今月のモーニングパワープレイ「Workman」です!
働く全ての人にエールを送るダンスミュージック。MVでは、ISEKIさん自身が華麗なステップを披露していますよ。
「働く」って、大変だけど、自分らしくがんばろう!と思わせてくれる一曲です。
そして、今月29日(月・祝)には脇町劇場で【うだつ音楽祭2019〜Gatar-ist LIVE〜】にも出演決定!
みんなの前で踊ってくれるかな!?GW前半にぜひ遊びに行ってくださいね〜!(森)

evening powerplay

イチリンソウ/山本彩

ユニバーサルシグマ
イチリンソウ/山本彩

去年11月4日にNMB48を卒業したソロアーティスト山本彩さん。ロングヘアーを大胆に切り新たなスタートをきった彼女が、ついに1stシングル「イチリンソウ」(4/17日(水))をリリース!
このナンバーでは山本さん自身が作詞・作曲を手掛けレコーディングギターも担当しています。
"いつの日か枯れるのであれば強く生きたい" という、彼女の今のメッセージとも感じる事が出来る、強い意志が込められた1曲です。別れ、出会いなど気持ちが落ち着かなく不安になる事が多い春にそっと寄り添うミディアムナンバーは、あなたに前に進む勇気をくれること間違いなしです!(小野寺)

super ending

ノーベル/mol-74

SMEレコーズ
ノーベル/mol-74

京都発、4ピースバンドのmol-74が遂にメジャーデビューしました!!
2017年より4人体制となったmol-74、Vo武市さん、Dr坂東さんは徳島出身!
武市さんの透き通るような歌声、そしてまるで北欧の大自然を思わせるような音で注目を集め、昨年には8箇所ワンマン全10箇所のツアーを開催し大盛況となりました。
そんな彼らの初のフルアルバム「mol-74」はタイトルにアーティスト名を掲げた作品。インディーズでリリースされたミニアルバムを網羅する形で代表曲の数々を全曲再録しています。
その中の1曲であるこのノーベルはまるで春の訪れを感じさせるかのようなナンバー。ファンの中でも根強い人気がある曲の一つです。春真っ盛りのこの時期にmol-74の音楽で豊かな時間を過ごしてくださいね♪(土橋)

sound wave・friday on line

Cakes/Homecomings

SECOND ROYAL RECORDS
Cakes/Homecomings

今月は京都を拠点に活動する4ピースバンドHomecomings、4月17日リリースのニューSG「Cakes」をお届けしています。
京都アニメーション制作映画「リズと青い鳥」の主題歌や、京都新聞のイメージキャラクターに就任する等、多方面での活躍が注目を集めている彼らですが、今回の作品も、4/19(金)公開の映画「愛がなんだ」の主題歌に起用されています。
この映画は、平凡なOLの“究極の片思い”を描いた小説を、今泉力哉監督が実写化したものなのですが、主題歌「Cakes」を提供するにあたってメンバー「物語に出てくる誰の歌でもなくて、でもそれぞれがみんな自分の歌なのかも?って思えるような歌にしたいな」と思ったそう。
また、タイトルについては、歌詞を書くために通い詰めていたドーナツ店で、エンゼルクリームのかけらをぽんと口に入れた時に浮かんで来たんだとか。
4月という季節を意識して書いた曲でもあるこのナンバー。
春にはワクワクもするけど落ち込むこともたくさんある。新しい生活って楽しいけどちょっと不安もあるし、そわそわもする。そんな日々に少しでも寄り添うような優しい味の「Cakes」を、あなたの耳で味わってみて下さい♪(清水)

sound wave(23:55)

パラレルストーリー/ Absolute area

ヤマハミュージックエンタテインメント
パラレルストーリー/ Absolute area

10代アーティスト限定フェスである「未確認フェスティバル2017」のファイナリストで、若い世代に高い人気を誇る3ピースバンドAbsolute area。待望のセカンドミニアルバム「無限遠点」をリリース!
その中の1曲であるこの「パラレルストーリー」は「パラレルワールド」を意識した主人公の心情を唄ったナンバー。
あの時あの決断をしていなかったらどうなっていたのかという、彼らの心情を感じながら聴いてみてください♪(土橋)

バックナンバー

ページのトップへ戻る