第260回エフエム徳島放送番組審議会

開催日
平成30年3月19日(月)
議事
本社会議室で勢井真希副委員長、北島義貴委員、小田原令幸委員が出席して行われた。
社長あいさつに続いてエフエム徳島・TOKYO FM共同制作 鳴門第九アジア初演100周年記念企画ドキュメンタリードラマ「歓喜の歌が響く街〜第九の里・徳島県鳴門市の軌跡〜」(3月18日(日) 13:00〜13:55放送)の番組聴取合評に移った。この番組は、今年アジア初演100周年を迎えた鳴門市を舞台に、ラジオドラマとインタビューを織り交ぜた番組構成となっている。
委員からは、「地元の子ども達のリアルな歌声がよかった」「子役の演技が上手い」「この番組や周年での一過性ではなく、継続的な盛り上がりが必要」などの発言があった。

バックナンバー

ページのトップへ戻る